NAVIGATION

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

非常に難解な語学としての日本語

日本語という語学は非常に難解です

PAGETITLE
日本語という言葉は非常に難しい言語と言われています。
ひらがなやカタカナや漢字というように複雑な言語表現があります。
私たち日本人にとっては非常に簡単で当たり前のことでも外国人から見ると何故そうなのかということが多いと思います。
またこの3種類以外にもアルファベットも混じってきますので大変なことになると思います。
非常に雑多であるにも関わらず、美しい言葉だと言われるのはやはりひらがなの形が独特だからなのかもしれません。語学として学ぶとしたら非常に難しいものだと言えます。
日本人でも大人になっても母国語を正確に使うことができない人も多いと言えます。
もちろん、日常会話をする上では全く問題ありませんが、正確性を問われれば多くの人が自信がないと感じるかもしれません。本当に何が正しいのかさえ分からない場合も多いです。

よく自分の使っている日本語が正しいのかインターネットで調べているという人は多いのではないかと思います。

日本語の難しさと言えば敬語という表現についても言えるでしょう。敬語の他に謙譲語というものもあり、完全に理解できているという人は日本人でも余りいないのではないかと言えるのです。

微妙なニュアンスの違いは言語の規則によるものなので、それを暗記すると良いということになるでしょうが、中々そうはいかないものです。

敬語と謙譲語の違いということすら非常に難しい話であり、それを一から覚えるとなるとどれだけ難解なことなのだろうかと思うのです。

また最近ではインターネットの俗語が当たり前のように日常生活に入って来ており、一部、正しい言葉が一体何なのかが分からないといった状態でもあると言えます。
それはインターネットの世界の中だけではないような気がするのです。

また日本語は語学としては英語と比べると相当難解であると言えるでしょう。英語が難しいと感じている人は最も難解な部類に入る日本語を習得していると考えると大分楽になると思います。

新着おすすめ

  • 長期でも短期でも、留学するならこちらから

Copyright 2017 非常に難解な語学としての日本語 All Rights Reserved.